男の人

一度の繁殖で数が爆発的に増える|ネズミ駆除は迅速な対応が必要

生態から対処を学ぶ

困るレディ

ゴキブリは、多くの人の家に被害をもたらす不快な害虫です。そのため、ゴキブリ駆除は多くの家で行われています。しかし、ゴキブリ駆除も大事ですが、そもそもゴキブリが住み着きにくい家にすることで、ゴキブリ駆除を行う必要性は大きく減ります。よって、まずはゴキブリが住み着きにくい家にするためにゴキブリの生態を学んでいきましょう。
ゴキブリは本来は森に生息しており、落ち葉や枯れ葉の影に潜んで生活しています。そのため、家に住み着いたゴキブリもどこかの影に潜んで生活していることが多いです。具体的には、冷蔵庫の下や散らかっている場所の影など、とにかく影に潜む習性があります。そのため、家を綺麗に掃除し、隠れる場所を減らすことで、ゴキブリが生活しにくい環境に変えることができます。また、冷蔵庫の下などにベイト剤を設置しておくことで、侵入してきたゴキブリ駆除も行えます。
掃除を行うのは、ゴキブリが隠れにくくなる他にも食べ物を減らすということにもつながります。ゴキブリは雑食性であり、どんなものも食事にします。例えばそれが抜け毛である場合も餌にするため、小さなゴミ一つでもゴキブリは餌にします。よって、掃除をして髪の毛は愚か、チリひとつない環境に変えることで、ゴキブリはそこの家に住み着く必要性がなくなり別の住処を探すことになります。この時もベイト剤を設置しておくことでゴキブリ駆除に繋がります。このように、ゴキブリ駆除を行う前に、家を清潔にするだけで被害を減らすことは十分に行えるのです。